もう頭は何年も前から「SEO脳」になっちゃってるんですけどね、普通の脳で、Google検索を何気なく使っていると、実はSEO対策でのヒントが見つかったりするんです。

例えば、このブログ記事を書いているときが、丁度もう夕飯時で、腹が減ったと感じてGoogleで「今日の夕飯は」というキーワードで検索すると、

WS000039

このような検索結果になるわけです。ここで注目して欲しいウェブページで2位に表示されているやつです。もろに直結したtitleタグを設置しています。やはり、Googleもけっこう何が最適なtitleで、何がそうでないのかがちゃんと分かってきている。これはGoogleの日本語の解析能力とかその辺がアップしているような感じがする。

だから、あまりtitleタグに余計なキーワードを含めずに、サイトのtitleを考えてみると、良い感じに順位がぽんと上がってくるケースがあります。余計なキーワードを入れてしまうと、クリックされなくなる可能性が高くなり、クリックされないということは、Googleから良いコンテンツを掲載しているウェブページではないと判断されなくもないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加