「SEOでコンテンツは大事だ」と言っている私でも、今もせこせことサテライトサイトからのリンクを増やしていったりしているわけですが、そんな徐々にリンク増やしていってはいますが、やはり、順位になかなか反映されないものっていうのは、存在しているんですよね。それで「なぜだろうか?」と疑問に感じサイトの内部を見てみると、「これはあかんなあ~」っていう部分を発見してしまうんですよね。そうすると、結果的にまた「コンテンツ」で評価されているというところへ戻ってきてしまうんです。

こんな状態のウェブページを対策していると、やはりSEOっていうのは、検索するキーワードに対しての内部コンテンツ(関連するテキスト、画像の使用、動画)、リンクなどの条件が揃い、もっともGoogleから一致すると判断されたものがより上位に表示されるわけで、どこが劣っても、検索するキーワードに対して、「最も一致するウェブページ」は完成されずに、検索結果の上位を狙うことができなくなってしまうんです。

なので、今、検索結果に表示されずに困っているウェブページは、Googleから目的のワードに対して、一致する部分が少なく、バランスも悪くなっていることが考えられます。まあ、血液の流れが悪くなってしまうと、いろんな病気を発症してしまうような感じですかね。つまりは、その流れをスムーズにしてやることが大事になってくるわけです。

ここで、みなさんに考えて頂きたいのは、「貴方の持っているウェブページは、最適化したいキーワードに対して、「最も一致しているウェブページになっているか?」です。

みなさん、意外と行いがちなことが、目的のAワードの最適化に成功させると、それだけには満足できずに、Bワード、Cワードとワードを広げてしまうんですが、これってAワードに対して、「最も一致するウェブページ」となっているから、表示されているわけで、Aワードとの関連性は近いけども、若干違うBワードで最適化させようとすると、今後は、Bワードに対して「最も一致するウェブページ」を作らなければいけなくなってしまうわけで、Aワードとの一致度が低くなってしまうって思ってるんですよね。ワードを広げすぎた結果、最終的には、どのワードも最適な状態をキープできなくなってしまう恐れもないとは言えません。

だから、1つのウェブページに対して、あまり最適化させたいワードを無理やり広げないことが良いということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加